Home > CRAの求人の現状 > CRAの将来性や難易度。具体的に知りたい!

CRAの将来性や難易度。具体的に知りたい!

CRAは近年になって求人が増え話題にもなっている職業です。

将来性や難易度はどんなものか、概要と共にお話ししておきましょう。

▽治験データの管理と収集が主な業務。

CRAは臨床開発モニターと呼ばれていて、一言で表現すれば、医療機関で行なわれる治験データの収集が主業務となります。

治験における一定のルールや法律に従って、それが適正に行なわれているかどうかをチェックし、収集と同時に報告書にまとめる作業です。

病院に勤務するというよりも、専門の会社に属して出向する形が大半です。

仕事は過酷で残業などもあり、病院の場所によっては単身赴任もあります。

▽将来は安泰でも意外にむずかしい世界。

治験データの収集が主業務と聞くと簡単そうですが、CRAには基礎知識と経験、それに何といっても医師や看護師とのコミュニケーション能力までが要求されるため、簡単に就職して即戦力になるのはむずかしい職業です。

近年になってCRAのニーズは非常に高まっています。

アジア圏における高齢化によって、新薬の開発が急ピッチですすみ、製薬会社の開発環境改善がすすんでいるからです。

▽CRAの将来は安泰と言えますが、求人にあるように応募要項の大半は経験者です。

求人に適した経歴があるかどうか確認しましょう。

CRAは想像以上に適性が求められる仕事です。

求人要項にあるような“1年以上のキャリア”があるなら問題ありませんが、それがなく理系出身でもない場合、ハードルはかなり高くなります。

就職活動の前に見直しておきましょう。

Comments are closed.

TOP