Home > CRAの求人と人手不足 > CRAは慢性的な人手不足だから売り手市場?

CRAは慢性的な人手不足だから売り手市場?

臨床件数の増加にくらべCRAは人手不足の状態がつづいています。

だから売り手市場で求人に募集すれば合格率は高いかといえばNOです。

お話ししておきましょう。

▽人手不足でも、その意味は少し違う。

CRAは質問者が言っているように、確かに慢性的な人手不足にあります。

ただしその人手不足にも2通りがあり、量的な人手不足なのか、質的な人手不足なのかが重要です。

求人会社に寄せられてくる現状をみると、量ではなく質の不足、つまり素養や経歴、キャリアの不足でCRA採用には至らないケースが増えています。

将来性があり安泰の職業なので応募者は多数ですが、CRA採用となるのは少数です。

▽売り手市場だと言えるほど単純ではない。

上記のようなことから、単純に“CRAは売り手市場”とは言い切れません。

なりたい人よりなれる人を探しているのが求人会社の実状です。

したがって応募者は、自分の素養や経歴、キャリアについてもう一度見直し、それらが適正か、ハードルはクリアできるレベルかを確認しておく必要があります。

薬剤師、看護師、MRなどの経験者であれば問題ありませんが、理系出身者でも医療現場とは無関係の状況にあれば採用は遠のきます。

▽CRAの求人には1年以上の経験者とあります。

それが意味するところを、もう一度深く考えてみましょう。

1年以上の経験を求人会社やクライアントが要求しているということは、それ以前の素養や経歴はクリアできていて、医療現場での慣れにも問題がないと判定できるからです。

したがってCRAの狭き門を通過するには、同等のステップが必要になります。

Comments are closed.

TOP